東京でヒプノセラピスト養成講座・催眠療法なら
Be-Pureヒプノセラピー協会

〒151-0064 東京都中央区銀座6-7-18
【銀座オフィス】銀座駅徒歩5分
【千駄ヶ谷カウンセリングルーム】千駄ヶ谷駅徒歩3分

お気軽にお問合せください  

営業時間
10:00~18:00

代表者プロフィールと ごあいさつ

SORA・KEIKO

協会代表・講師

代表理事

SORA・KEIKO(内藤 啓巴子)

経歴
  • 産業カウンセラー
  • 心理カウンセラー
  • ヒプノセラピスト
  • 交流分析士
  • ✤生活リズムアドバイザー
  • ✤健康リズムカウンセラー

 (✤文科省後援

   日本成人病予防協会認定資格)

都立大泉高校

共立女子大学卒

政府系金融機関勤務

結婚を期にワシントンD.C.へ

様々な体験により自己探求の熱が高まり帰国後に1998年開業。

2017年7月に一般社団法人Be-Pure ヒプノセラピー協会を設立

詳しくは、下記の「ごあいさつ」をお読みくださいませ。

ごあいさつ

この度は当協会のHPにご関心をお寄せいただきまして、誠にありがとうございます。

 

当協会は、代表のSORAKEIKO1998年にカウンセラー・セラピストとして開業し、19年に渡って積み重ねた経験と知識を、より多くの皆様により良い形でお伝えするべく立ち上げたものです。 

 

良質のセラピーは人の人生を変えていきます。

どのようにでしょう?

その説明をする前に、少し私自身のお話をさせていただこうと思います。

 

私のセラピストとしての始まりは、「あなたの天職です」とのお二人の方のお言葉に押されて始まりました。

 

ですが、その頃の私は「生き辛さ」の真っ只中にいて、心が休まることのない毎日を送っておりました。悲しみや孤独感、劣等感や不安感などに苛まれ、実際の生活も全く上手くいかない事ばかりでした。

 

そもそも、子供のころからの母らかの抑圧と怒りによるコントロール、エネルギーの搾取が大人になっても続いていて、自分らしい自分がどんなものがわからなくなっていたのです。「そんな私の天職がヒプノセラピスト?まったくわからない!」と思いました。

 

悩み多く生き辛い子供だった私は、「幸せとは何か」「どうしたら幸せになれるのか」「心とは何なのか」「生きるとは何か」などに興味を抱き、小学生のころからその答えを求めてキリスト教の教会に通い、中学生からはその手の本を読み漁っていました。

 

そして20代には、自己啓発と心理学の本を寝る間を惜しんで読み、ヒーリングを受け、ミディアムに助けも求めました。これらの時期にたくさんの知識を身に付け、私の今の基礎となっています。

 

ですが私の身近な現実が変わることはなく、同じような問題を抱えたまま苦しんでいる毎日だったのです。

 

20代を終えたばかりの頃にはありとあらゆるセラピーを受け、ヒーリングも各種学びに行きました。グッズも買い求めました。でも、一瞬だけ気分は良くなっても、少し経てばまた元どおりでした。

 

学ぶ先で仲間が出来て楽しく過ごしていても、一人になればいつもの悲しみや孤独感の中に戻ります。根本的な幸せを手に入れることが出来ずにいました。

 

どこかに真に私自身や人生を変えるものはないだろうかと、どれだけ探したことでしょう。

 

そして辿り着いたのは、潜在意識の内部情報を変えるしかないのだということであり、そのツールとしては催眠療法が最適だということでした。

 

詳しくは拙著 『幸せが追いかけて来る!』 に譲りますが、催眠によるセラピーを受け、そして学び、「生き辛さ」がみるみるうちに変化し、「こんなにも生きることが容易く楽しいものだったのか」と目を見張りました。心は晴々とし、実際に世界が明るく見え始めたことに驚くばかりでした。

 

内面の変化は外側の世界の変化に繋がります。毎年のように外界の変化を体験するようになりました。具体的には、表情がまるで別人のように変わりました。性格も積極的になり、興味関心事が増えてチャレンジし続けるようになりました。

 

人との出会いもどんどん拡大し続け、そして驚くことに、ふと心に描いたことが何故だか次々と現実になっていったのです。

 

一番の驚きは、欲張らずに続けてきたヒプノセラピストとしての仕事が、毎年自然に拡大し続けたことでした。

 

遠くから個人セッションを受けにいらしてくださる方々、「KEIKOさんに習いたいんです」と養成講座を催促してくださる方々。それが今現在に続いています。そんな体験を重ねていることを振り返れば、この仕事はまさに私の「天職」なのかもしれません。

 

さて、セラピーやカウンセリングに期待できるものは何でしょう。

 

私の経験でもお分かりの通り、そして個人セッションや養成講座を受講された多くの方々の人生でも起き続けているように、精神的な安定が得られます。生きることがこんなにも楽だったのかと実感するでしょう。それに伴い外側の人生も変化を重ねます。

 

抑圧された感情がみるみる減少し、行動のパターンも変わり、人間関係の変化を体験する事でしょう。人・もの・情報・仕事…と、その変化はセラピーを体験するごとに大きくなっていきます。もっと大きく、もっと深く、もっと高く。

 

まさに、人生の新たな扉が開き続け、見える景色が変わります。

 

でも、ここで少し注意が必要です。

 

なんでもそうですが、ヒプノセラピーも今現在の日本では沢山の種類があるようです。そして「ヒプノセラピー」と聞いた時に皆さんがご想像なさるものと、当協会のものは大きな違いがあるかもしれません。

 

当協会のヒプノセラピーは、古くから長く継承されてきた手法をいくつか組み合わせたものです。役に立たないものはすぐに消えていいきますが、長く継承されているものには理由があるのだと実感します

 

しかも他力本願(高次の存在に委ねる・・ような)ではなく、あくまでも

 

「自分の人生は自分で拓く」ことに注意を払います。何故ならそれが本当のセラピーであり、最も効果が高く、一時的効果にとどまらず一生を変えることが私自身でも多くのクライアント様でも実証済みだからです。

 

言ってみれば、「生きる力と知恵を育むセラピー」であり、「自分の人生の創り方」を身に付けるセラピーなのです。誰かや物に頼るのもよいでしょう。でも、自分で気づき、道を拓く方法を身に付けることは自信と喜びと生命力を取り戻すこととなり、一生の宝です。

 

これまで、クライアント様の人生のより良き発展とお幸せを考え、愚直に真摯に向き合ってまいりましたが、長い年月が経ち「確かな精神と技術を正しくお伝えすること」を任務とするように、自然に運ばれて来たように思います。

 

人生の閉塞感にお困りの方は是非、個人セッションをお受けください。そして人生そのものを本気で変えたいと望まれるようでしたら、どうぞ養成講座にご参加ください。

 

これからも素晴らしいセラピーをご提供し、またそれをご提供できるセラピストを地道に誠実に育成できますように。

 

私の背中を押してくださった、これまでの多くの方々に心より感謝するとともに、今後も真摯に精進してまいります。

 

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

代表理事 SORA・KEIKO(内藤 啓巴子)

セッションメニューはこちら

 

勉強歴

●1993年リンダ・ローザ氏の講座により米国催眠療法協会の認定セラピストになる

(現在資格の更新をしておりません)

●1996~7年レイキ1・2・3・ティーチャ―取得

●1999年ヒプノセラピスト神楽ゆう氏と今西まゆみ氏 (『ヒプノトラベル』榊めぐみ先生)に師事。

●開業後、心理学を学ぶ必要性を痛感し『日本メンタルヘルス協会』 初級・上級・研究コースにて心理学を学ぶ

●2003年リチャード・ニーヴィス(米国催眠療法協会前会長/現 ITTO会長)ベイシックコース、アドバンスコース修了

●同年、『日本交流分析協会』にて心理学を学ぶ

●同年、パトリシア・カエタノのヒプノセラピー・インナーチャイルド講座修了

●2018年4月産業カウンセラー資格取得 

●同年 生活リズムアドバイザーと健康管理カウンセラーの資格取得

以下のページもご覧ください

当社のサービスについてご紹介しております。

詳細はこちらへ

当社の概要とアクセスマップを掲載しております。

詳細はこちらへ

お問合せ・ご相談はこちら